再転相続とは?遺産分割と相続放棄の方法

長年にわたり連れ添った両親が、後を追うように亡くなることなど珍しくはありません。悲しむ気持ちもありますが、残された人は相続を開始する役目があります。相次いで亡くなると、2回の相続を1度に行う必要があり、通常の相続とは異なるので注意をしてください。今回の記事で詳しく解説していきます。

再転相続とは?

再転相続とは、相続人が熟慮期間中に相続(1次相続)の承認または放棄を行わないまま亡くなってしまい、その亡くなった者(2次相続)の相続人が、前相続の承認・放棄する権利を継承取得することを言います。

再転相続の例

1)祖父が亡くなり父が相続(1次相続)を開始、その熟慮期間中に亡くなったとします。父が亡くなったことを受け、その配偶者と子が相続(2次相続)をするとき、前の祖父の相続権までも承認するか放棄するかを考えなければいけません。

2)父が亡くなったことで、配偶者と長男・次男が相続人になりました。相続が完了しないまま、相次いで母を亡くした時、長男と次男は父と母それぞれの相続に対し承認するか放棄するかを考えなければいけません。

再転相続の熟慮期間

通常、相続放棄を行うには、被相続人の死亡を知った日から3カ月以内に申立てなければいけません。ただし、再転相続が生じた場合、1次相続の熟慮期間があまりにも短いです。そのため、1次相続の熟慮期間は2次相続の期限と同じ日にすると定められています。

再転相続の承認と放棄

再転相続の場合、承認と放棄の選択に制限がかかります。1次相続・2次相続共に同じ選択をする分には問題ありません。1次相続を放棄し、2次相続を承認することも可能です。ただし、1次相続を承認しておきながら、2次相続の放棄はできません。

祖父の遺産はあるが、それ以上に父の負債が大きい場合、祖父の遺産だけを相続することはできず、放棄するのが賢明です。

再転相続の遺産分割

1次相続と2次相続の両方を承認する場合は、それぞれの相続で遺産分割協議を行う必要があります。そのため、遺産分割協議書も2度の作成が必要です。

ただし、同じ相続人の場合ならば、遺産分割協議書は1通の作成で足ります。例えば父と母、長男と次男の家族で、父が亡くなり相続をする間もなく母が亡くなった場合、相続人はどちらの相続も長男と次男だけです。この場合の遺産分割協議書は1通で足ります。

しかし、先ほどの状況で父が亡くなり、相続をする間もなく長男が亡くなったとします。長男には子が2人いる場合、その子たちは遺産分割協議書を2通作成しなければいけません。

再転相続の相続放棄

再転相続の相続放棄は、2次相続を知り得たときから3カ月以内に行う必要があります。先ほど説明したとおり、1次相続を承認しながら、2次相続の放棄はできません。そのため、2次相続の放棄を家庭裁判所へ申立てれば、1次相続も自動的に放棄したと見なされ手続きは不要です。

ただし、1次相続を放棄した旨を、次の法定相続人に伝えることを忘れずに行いましょう

必ず伝えなければいけない義務はありません。相続を知り得たときから3カ月の熟慮期間ですので、伝えないからと言って次の法定相続人が放棄できなくなることはありませんが、その証明が面倒です。親族の関係を保つためにも、放棄した旨を伝えることをおすすめします。

再転相続により複雑になる場合は弁護士に相談

再転相続が生じると、相続と相続人が増えることから、手続きが複雑になります。1次相続が揉めると、2次相続を始めることもできません。時間と手間がかかります。

もし複雑で時間がかかるようならば、早めに法律の専門家である弁護士に相談をすることがおすすめです。2つの相続で混乱した状況を、ひとつひとつ解決してくれることでしょう。

ページ上部へ戻る